部屋探しから入居までの流れをイメージしましょう。

部屋探しから入居まで意外と時間がかかります。入居時期が決まっているなら希望の1か月前には動き始めましょう。



1.物件を探す

・物件検索サイトなどWebから検索

・不動産屋巡りをして探す。                                                

これだけはこだわりたい!というものをはっきりさせて探したほうがピンと来るものが早く見つかるかもしれません。 「場所」、「家賃の上限」、「部屋の数」、「駐車場の台数」、「2階以上」、「即入居可能」、「コンビニ、スーパーが近い」…などなど。

2.不動産屋を訪問

・自分で絞りきれない時は不動産屋で直接探してもらいましょう

・気になる部屋を見せてもらいましょう。

不動産屋を訪ねるのが怖い…不安…行く時間がなかなか取れない!           このような時は、Webですと大体「お問合せ」ボタンがあります。           そこから内覧予約をしたり、聞きたいこと(初期費用(概算)・部屋の空き状況など)をメールで確認するのも一つの手です。

訪問前に来店予約をしていただければ、お店も準備ができますのでスムーズな物件紹介や部屋のご案内が可能です。

事前に来店予約をすることをお勧めします。

3.申込と審査

気に入った部屋がありましたら申込します。

最近は、予約は受け付けずに申込が早い順という物件も多くなってきております。

内覧する日まで部屋を抑えておくとか、内覧後ちょっと考えたいということで部屋を数日間抑えてもらう(予約)ことができる物件は減ってきております。申込のアクションが早い人順と思ってください。繁忙期や新築物件は考えているうちに決まってしまうことも割とありますのでご注意ください。

申込の方法は物件によって様々です。                           申込用紙に記入する従来型に加え、スマホやパソコンから申込をするWeb申込も結構増えてきております。

連帯保証人を付けることは少なくなってきておりますが、その代わりに家賃保証会社をつけていただくのが条件というところがほとんどです。                        家賃保証会社も物件によって異なります。家賃保証会社の利用料は、一般的には契約時に初回保証料、毎月家賃に上乗せして保証料を払うプランと、1年に1回保証料を払うプランが主です。

申込の際に必要なものは印鑑、免許証、保険証が一般的ですがその他には下記の点を抑えていただければ早く審査に移れます。

・駐車する車の車名、ナンバー  
・連帯保証人又は緊急連絡先人にする予定の方の、住所・生年月日・連絡先・勤務先…  
・転職の方は内定証明書、新入学生は合格証明書などお持ちください。

家賃保証会社、管理会社、家主の審査を経て入居審査の結果が出ます。
承認がおりましたら契約です。

4.契約

重要事項説明:借りる物件の情報を不動産屋が説明します。

・貸主、管理会社のお名前
・建物、部屋の情報 構造、築年数、広さ、設備などなど
・建物が建っている場所 ハザードマップではどの場所に位置しているかなどなど
・契約条件(敷金、家賃、家賃保証料など)の確認
・入居中の制限事項(ペット禁止や二人入居不可など)や退去時の精算について
・特約があれば特約内容の説明

理解していただいてから、貸主と結ぶ賃貸借契約書で契約します。

契約金の支払は、契約開始日の数日前までにお支払いいただくことになります。
契約書類、契約金すべて完了したらあとは契約開始日を待つだけです。

●申し込み後、入居審査が承認された後のキャンセルは、キャンセル料がかかる場合がありますので申し込みは慎重にお願いします。また申込時に確認しておくと良いでしょう

●契約書も取り交わし、契約金も支払ってしまうと契約が締結されたことになります。
契約後のキャンセルは、キャンセル料というよりは契約の解約になりますので通常の解約と一緒になります。契約書に書いてある「〇か月前解約予告が必要」が適用され賃料の〇か月分は契約金より差し引かれますし、仲介した不動産屋も契約締結済みなので仲介料の返還もありません。礼金も戻ってこない可能性もあります。キャンセルしたから当然全部返金されるというタイミングではございませんのでご注意ください。

申込が入れば募集もストップしますし、入居に向けて準備しております。キャンセルの連絡が契約開始まで近ければ近いほどお申込みした方も、大家さんもダメージが大きくなります。

どうかどうかお申し込みは慎重にお願い致します。

5.鍵の引き渡し、入居

いよいよカギをもらって引越しです。

●引越しは自分たちですべて運ぶ方。                   その際荷物の搬入時に壁に傷をつけたり、家具家電を引きずったら床に傷がついたり…など引っ越しの時に部屋にダメージを与えることが意外と多いものです。曲がり角や階段など油断するとぶつかってしまうような場所には養生できるならした方が良いでしょう。

家族や友人に手伝ってもらってその方が傷つけたりしたら責めるに責めれないし…(゜_゜)ウーンということも。

●水道、電気、ガスは事前に、遅くとも3日前には開始連絡をしましょう。 ガスは業者さんが部屋に来て開栓したり説明がありますので立ち合いの日時も連絡時必要になります。繁忙期はガスの立ち合いが重複します。3月末や週末などに入退去する方は日にちが確定し次第できるだけ早く連絡しましょう。

「お湯」の8割はガス給湯になります。まだ住まないからガスは後でと思われても開栓まではお湯が出ませんので早い方が良いと思います。       またこちらの地方は入室時は『水抜き』(水道管、給湯器が凍結しないように水道管から水を抜いていること)をしております。元栓を開けて通水すれば使えますがが、給湯器から水が噴き出したりすることもまれにありますし、『水抜き』なんてやったことが無いという方は元栓の場所も操作方法も分からないこともあります。そんな方はガス屋さんになるべく早めに来てもらい操作方法も教えてもらうという手もあります。

●引っ越しのあいさつはした方が良いですか?と時々聞かれますが、

単身者の多いところは特にやらなくても良いのではと話をしております。廊下であったらあいさつは交わした方が良いと思いますが、ピンポーンと押しても出てこない方も結構いらっしゃるようです。

家族での引越しで、お子さんが多い、まだお子様が小さいような方は上下左右くらいはなるべく早めにあいさつをしておかれるとその後の付き合いもスムーズにいくことも増えると思います。

●アパートでも戸建てでも町内会のゴミ集積所を使用するという場合は、町内会費はお支払いただきますようお願いします。               また花巻市のゴミ出しルールに準じて出していただきますようお願いします。

新しい環境で新生活をお楽しみくださいね。